フリーダイヤル0120-54-4680

デジタコと基幹システムの連動

デジタコと基幹システムの連動

データ入力の課題

データ入力の課題

運送業者様で導入されている請求書を発行したり、経費の管理を行う基幹システム。

請求書発行のため売上入力は行われるのですが、経費管理に必要な走行距離の入力や給油量の入力、運行時間などの情報は入力されず、機能があるのに使われていない現状があります。

デジタコの活用

デジタコの活用

一方、デジタコでは速度情報や安全運転にまつわるデータ以外に走行距離や時間、ドライバー様の簡単な入力で給油量が管理できます。

これらのデータを取り込むことで、ドライバー様の負担を増やすことなく、経費管理のデータ入力を大幅に省力化することが出来ます。

更なる活用

更なる活用

弊社取り扱いの基幹システムでは、ETCカードのデータもインターネットでETC利用照会サービスへ接続しデータを取得するソフトや配車支援システムなどとの連携ができます。

そうすることで、配車で入力したデータを生かし、請求データを起こすので入力の手間が省略できます。

是非、ご相談ください。

今回の提案商品

DTS-C1

富士通

DTS-C1
クラウドサービスに対応ネットワーク型デジタコ
DTS-C1D

富士通

DTS-C1D
クラウドサービスに対応
デジタコ&ドライブレコーダー一体型モデル
MBCD communicationsⅡ

富士通

MBCD communicationsⅡ
現場での使いやすさとシステムの拡張性を追求したデジタルタコグラフ
配達くん12

大創システム

配達くん12
運輸業専門の経営管理システム

導入事例をデジタルデータで閲覧、
ご活用いただけます。

PDF資料をダウントードはこちら

製品に関する資料請求・お問い合わせ、
ご相談はこちら

資料請求/お問い合わせはこちら

トップへ