フリーダイヤル0120-54-4680

ご挨拶・社訓

城山は“心と心をつなぐ”情報通信ビジネスで社会に貢献します。

社長

城山の使命は、さまざまな場面で「人と人のコミュニケーションのお役に立つ」ことにあります。無線機や携帯電話等の通信機器、業務管理・安全管理等をサポートするデジタル機器に加え、それらの機器を組み込んだネットワークシステムの構築により、お客様の様々なご要望にお応えできる企業をめざしています。
人と人のコミュニケーションをスムーズに―――
城山はお客様が必要とされる情報ネットワークを提供し続けます。

株式会社東芝の協力工場として1973年に創業した城山は、人と心を大切にすることを原点とし、「お客様のお役に立つ」一念で情報通信分野のビジネスに邁進し、売上高100億円超の企業規模にまで成長してまいりました。これもひとえに地域の皆様、取引先の皆様、そして社員の皆様のおかげと、感謝いたしております
当社が事業として取り組んでいる情報通信分野は、まさに「人のお役に立てる」フィールドであると言えます。人にとって、社会にとって、コミュニケーションはとても大切で、コミュニケーション手段の発達により今日の社会の隆盛がある、と考えます。
会社も人間も、これでいい、これで完成ということはありえません。社訓にしていますが完成を目指して研鑽し続けることこそが私どもの会社の使命です。城山では毎朝全員で「掃除」をします。日々を新たに研鑽し続けています。
謙虚であり、感謝の念を忘れず、人のお役に立つ――これが城山の精神です。
お客様のことを考え、お役に立とうとすれば、自ずと時代の波が読み取れ、培ってきた情報通信分野での経験や技術をベースに、さらに高いレベルでお客様のご要望に応えられるものと確信しております。

社訓

社訓

トップへ