フリーダイヤル0120-54-4680

前のページに戻る

IP無線機  

ICOM(アイコム)

IP500H

4G LTE で日本全国、通話圏内。
同時通話・多重通話に対応のIPトランシーバー。

無線機の利便性と携帯電話のつながりやすさがコラボレーション。
トランシーバーの同報性・即時性を活かしながら、携帯電話の広い通話範囲を実現したIPトランシーバーがIP500H。
状況に応じて適切なグループを選んで通話するなど、従来のトランシーバーとほぼ同様のインテリジェンスを持つトランシーバーです。

主な特長

人口カバー率99%※1のauの4G LTE (800MHz帯)回線で日本全国をカバー

人口カバー率99%※1のauの4G LTE(800MHz帯)の回線を使用しているので、日本全国※2が通話圏内。従来のトランシーバーのように、通話距離の制約や不感地帯を気にせず、タイムリーな情報伝達を実現します。

 

※1「人口カバー率」は国勢調査に用いられる約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出しています。
※2 auの4G LTE(800MHz帯)の電波到達範囲が通話エリアになります。

同時通話・多重通話に対応

多くのトランシーバーは、相手の話し終わりを待ってから交互に通話しなければならないため、通話に大きなタイムラグが生じます。IP500Hのシステムは、同時通話に対応。携帯電話と同じように、お互いが同時に話せるので、自然なやりとりが可能です。また、多人数による多重通話もサポートしており、電話会議のような使い方にも対応できるほか、他のスタッフ同士の会話に重要な連絡を割り込んで伝えることもできます。

防塵・防水IP67

屋外や水にぬれやすい環境でも気にせず使えるIP67の防塵・防水性能を備えています。

 

※試験用粉塵を1m3あたり2kgの割合で浮遊させた中に8時間放置したのちに取り出し、無線機として機能すること。
また、バッテリーパックを正しく装着した状態で水深1mの常温の水道水に静かに沈め、30分間放置したのちに取り出し、無線機として機能すること。

主な仕様

無線通信仕様auの4G LTE(800MHz帯)
電源定格7.4V (BP-271、BP-272)
定格5.5V (BP-273A)
連続運用時間の目安○BP-272使用時
約17時間(送信:受信:待受=1:1:8時)、
約20時間(送信:受信:待受=5:5:90時) 

※運用状況により変わります。
音声出力400mW以上(内部スピーカー 16Ω10%歪率時)
200mW以上(外部スピーカー 8Ω10%歪率時)
緊急速報緊急速報に対応
Bluetooth®規格Ver 2.1+EDR
防塵・防水性能IP67(バッテリーパック、アンテナ装着時)
使用温度範囲 -10℃~+60℃
寸法(突起物を除く)約59(W)×95(H)×32(D)mm (BP-272装着時)
重量約240g (BP-272、アンテナ装着時)
付属品リチウムイオンバッテリーパック
ベルトクリップ〈MB-135〉
ハンドストラップ
アンテナ など

トップへ